• 印刷する

ホンダ、ジャズなど2車種で限定モデル発売

ホンダ・マレーシアは21日、小型ハッチバック「ジャズ」(排気量1500cc)の無限(MUGEN)モデルと、クロスオーバー車「BR―V」(同)の特別モデルを発売したと発表した。それぞれ300台限定となる。

ジャズの無限モデルは、フロントグリルガーニッシュで前部を引き締めた印象にしたほか、リアアンダースポイラーやサイドアンダースポイラーで全体のデザインに流れを作り、ルーフ後部に取り付けるテールゲートスポイラーで躍動感が生まれ、スポーティーな外観になっている。販売価格は車体カラーによって、8万8,600~8万8,720リンギ(約241万~241万4,000円)。

マレーシアでジャズを市場投入した2003年以降、累計販売台数は9万台を超える。車内6カ所にエアバッグを装備。VSA(車両挙動安定化制御システム)や坂道発進時の後退を抑制するHSA(ヒルスタートアシスト機能)、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準搭載する。

BR―Vの特別モデルは、7人乗り。テールゲートスポイラー、サイドステップガーニッシュ、ランニングボードなどのエクステリアを新たに外装に加え、スポーティーさと滑らかな外観を追求した。内装では、スマートフォンに接続可能な6.8インチの液晶スクリーンを装備した。

特別モデルの価格は、車体カラーによって、9万700~9万1,000リンギ。BR―Vは17年1月に発売し、累計販売台数は2万9,000台。うち18年は1万1,300台を売り上げ、ホンダ・マレーシアの同年の販売全体の11%を占めた。

ホンダ・マレーシアが発売した「BR―V」の限定モデル(同社提供)

ホンダ・マレーシアが発売した「BR―V」の限定モデル(同社提供)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本での新聞記者時代、…(10/17)

東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

千代田化工、契約先が損害賠償増額求め提訴(10/17)

環ボルネオ高速道、来年1Qに3工区の入札(10/17)

宅配GDEX、ベトナム同業の株式50%取得(10/17)

UMWとTMワン、次世代技術開発で提携(10/17)

アリババが新興IT青田買い、コンテスト開催(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン