• 印刷する

ファーウェイ・クラウド、ア太向けサービス開始

中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は20日、クラウドコンピューティング部門のファーウェイ・クラウドがシンガポールでアジア太平洋地域向けのサービスを開始したと発表した。シンガポールを中国国外で最大級の事業拠点の一つとすることを目指す。

シンガポールではクラウドのフルスタック(全方位的)なプラットフォームと、人工知能(AI)を用いたサービスを展開する。アジア太平洋地域の政府機関やインターネット企業、金融業界などを対象に、24時間体制で技術サポートを行う。

ファーウェイ・クラウドは当初、中国本土、欧州、中南米を中心に事業を展開していたが、2018年に香港、ロシア、タイ、南アフリカに進出した。シンガポールは国際的な金融拠点で、中国系の企業にとってアジア太平洋市場進出の拠点にもなっていることなどから、今回のサービス開始を決めた。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

新規感染45人、市中は1人(14日)(01/15)

新規感染30人、市中は1人(15日)(01/15)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(01/15)

12月の民間住宅販売、前年同月比2倍(01/15)

環境庁、無人道路清掃車の試験運用開始(01/15)

通信TPG、大容量データの格安プラン提供(01/15)

海事庁、船舶作業員のコロナ対策強化(01/15)

【年始インタビュー】世界経済フォーラムで需要回復 東南アのホスピタリティー業界(01/15)

パナが現地企業と提携、東南アのEC強化へ(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン