• 印刷する

モンドルキリに国立公園、建設に着手

カンボジア北部モンドルキリ州で19日、同州初の国立公園「センモノロム・レクリエーショナル公園」の建設が始まった。予算は1,000万米ドル(約11億円)。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

同公園の敷地面積は20ヘクタール。かつて空港として利用されていた土地を活用する。園内では、州の気候や少数民族の生活などを反映した多種多様な植物の展示を鑑賞できるほか、記念碑なども整備される予定。

スバイ・サム・エン州知事によると、同園は国内外からの寄付金で建設される。建設期間は2年で、現地の人々のレジャーに加え、観光業の活性化も期待される。

カンボジア国家観光連盟(NFTC)のホー・バンディ事務局長は、「同公園はエコツーリズムという観点からも重要だ」と、建設を歓迎した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

住商系、ポイペト新工場稼働 電子機器受託で域内分業を加速(05/17)

国境鉄道運行へ、タイ当局と協議開始(05/17)

首都に高性能カメラ設置、中国製が有力(05/17)

与党など3党が選挙運動開始、地方選(05/17)

首都の刑務所を増築、定員3倍収容で(05/17)

【カンボジア経済通信】国際機関、経済の好調続くと予測 第345回(05/17)

1~3月の対米輸出24%増 縫製品けん引、EU制裁で増加も(05/16)

ネパールと経済活性化、投資・貿易で覚書(05/16)

18年成長率は7.5%、ムーディーズ(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン