《日系進出》日通、多機能倉庫を建設 12月稼働、柔軟対応で需要開拓

日本通運は、カンボジアの首都プノンペン郊外に多機能倉庫を建設する。投資額は10数億円とみられ、2019年12月の稼働を目指す。効率的な流通加工業務やドライポート(載せ替えターミナル)の機能を自社で備えることで、多様化する顧客の要望に柔軟に対応していく考えだ。タイに接続…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「俺が話をつけてやるか…(09/23)

中国2社、南西部タタイ川に水力発電所建設(09/23)

首都のコンド急増、30年には30万戸規模に(09/23)

証取委がタイと覚書締結、相互取引で提携へ(09/23)

運輸省、カンボジアと交通分野で協力検討(09/23)

来年の最低賃金、政府提示額は187ドル(09/20)

ローズウッドホテル、シエムレアプで開業へ(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

【カンボジア経済通信】上半期の観光市場、明暗分かれる 第349回(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン