• 印刷する

投資法改正が再燃、当局幹部が言及

カンボジアの投資認可当局であるカンボジア開発評議会(CDC)のソク・チェンダ・ソピア事務局長(首相補佐特命大臣) は、投資法の改正に向けて産業界などから見解を募る意向を明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が19日伝えた。

投資法は1993年に施行し、2003年に改正された。外資を中心に法改正を求める声は挙がっているが、その後改正に向けた動きは停滞している。

ソク・チェンダ・ソピア事務局長は、民間企業や支援国などを集めた会合で「時代に即した改正を加えて投資環境を改善するため、幅広い意見を受け付ける」と述べた。国際協力機構(JICA)や経済協力開発機構(OECD)、国際金融公社(IFC)と協議を進めているという。

金融調査会社メコン・ストラテジック・パートナーズのスティーブン・ヒギンズ氏は、「投資家の信頼を得る法律の整備は、投資の拡大に大きなプラスになる」と語った。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本政府、防災対策拠点の整備支援(03/22)

地方の上水道拡張を受注 クボタ工建など、日本が資金援助(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

EU視察団が訪問、関税優遇措置を協議(03/22)

政府、トルコに電力供給船の借用打診(03/22)

LOLCの社債発行、月内にも認可=証券委(03/22)

リエル使用増も10%止まり、米ドル根強く(03/22)

税務調査の遡及年限、最長3年に(03/22)

登記手続きの一括処理、財務経済省が検討(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン