• 印刷する

韓国の双竜自、首都に旗艦販売店を開設

韓国の双竜自動車は15日、カンボジアの首都プノンペンに国内2カ所目の販売店を開設した。旗艦店と位置付け、新たな顧客を取り込む。クメール・タイムズ(電子版)が18日に伝えた。

新店舗は、顧客の利便性などを考慮し、ロシア通りの都心側に設置した。現地法人のリー・ジェー・フー最高経営責任者(CEO)によると、スポーツタイプ多目的車(SUV)に重点を置く考え。カンボジアでの販売台数が予想外の好調を示していることも、新たな販売店開設の追い風になったという。

双竜は昨年3月、首都郊外のチャム・チャオ地区に1カ所目の販売店を開設した。来年初めには、中心部のボンケンコン区に3号店を設置することも検討している。


関連国・地域: 韓国カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/18)

7~9月のコンド供給、5100戸以上(10/18)

欧州3国、EUの経済制裁回避に協力約束(10/18)

銀行間決済システム、中銀が試験的に始動(10/18)

【カンボジア経済通信】米中貿易戦争で漁夫の利か 第350回(10/18)

SBIが地場子会社化、銀行事業に再参入(10/17)

シアヌークビル港取扱量、1~9月は18%増(10/17)

主要3空港の旅客数、1~9月は15%増(10/17)

シエムレアプの大型文化施設、政府が認可(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン