• 印刷する

従来型メディア広告、18年は9%減

米系調査会社ニールセン・アド・インテルの調査によると、マレーシアの2018年の従来型メディアに対する広告支出(同一集計ベース)は、全体で前年比9%減の58億リンギ(約1,569億円)だった。減少の要因はデジタル広告へのシフトとみられる。18日付スターが伝えた。

広告支出の媒体別内訳は、テレビ放送(地上波)が48%、新聞が38%、ラジオが8%、映画館が3%、店内広告が2%、雑誌が1%だった。前年比でテレビ広告は減少したが、映画館広告が増加した。広告主は政府機関、社会・政治団体、小売り、トイレタリー、非アルコール飲料、観光などが上位を占めた。

昨年3~5月の広告支出は、5月に実施された総選挙の影響で前月比5%増の成長が続き、3カ月間で16億リンギに達した。政党や選挙委員会は、前年同期比の約13倍に相当する5,120万リンギを広告費に充てた。

選挙後、GST(消費税)撤廃からSST(売上・サービス税)導入までのタックスホリデー(免税措置期間)では、多くの産業分野で広告支出が増えた。5~6月の自動車業界の広告費用は、前年同期比で19%増加した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

32億リンギ規模の環境事業、年内に入札へ(03/22)

建設品質評価システム、20年に導入義務化(03/22)

空気汚染指数が100超え 季節外れのヘイズ、要因は異常気象(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

RM=27.1円、$=4.06RM(21日)(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ベルマツ、20年度は販売1.6万台見込み(03/22)

プロトン、パキスタンに組み立て工場建設へ(03/22)

マレーシア航空買収、国内外の数社が関心(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン