マカッサルと日本の直行便開設を計画

インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空と南スラウェシ州は、同州マカッサル国際空港と日本の直行便が開設できるよう準備を進めている。早ければ6月の就航を目指している。ヌルディン知事はバリ―マカッサル―羽田のルートを希望している。国営アンタラ通信が15日伝えた。…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

19年ニッケル鉱石輸出、51%増の3千万トン(14:37)

サバ州のKTC、製パン大手とライセンス契約(17:52)

鉱石の製錬所販売価格、参照価格基準に設定(15:01)

外資保険会社の出資規制を緩和、政令を改正(17:44)

電子決済DANA、米アップルで利用可能に(17:37)

東南アのホワイトカラー求人、3カ国で減少(17:30)

投資庁と証券取引所が覚書、投資・上場を支援(16:57)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

テイクオフ:「グラマラス(優雅な)…(01/28)

【この人に聞く】効率アップで社員の意識改革 NTTデータ、RPA販売に本腰(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン