反落、米中協議で様子見ムード=香港株式

14日の香港株式市場は反落して終了した。米中の閣僚級貿易協議が同日から始まり、市場は様子見ムードが広がった。ハンセン指数は終始、マイナス圏を推移。主力銘柄やIT関連銘柄がさえない。香港経済日報系のニュースサイト、経済通が伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比65.54ポ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数週間前から激しいじん…(03/21)

人工島開発に6240億ドル 政府試算、インフラ事業で最高額(03/21)

12~2月の失業率、4業種で改善(03/21)

中銀香港、香港で本土口座の開設が可能に(03/21)

HSBC保険部門、今年2桁台増収へ(03/21)

今年は保険業の底上げに注力、陳財政長官(03/21)

HKEX、18年は企業取締役120人制裁(03/21)

反落、刺激材料に乏しく=香港株式(03/21)

モスが海外初の日本コンセプト店、九龍湾に(03/21)

TVBの通販、コンビニで商品受け取り可に(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン