反落、米中協議で様子見ムード=香港株式

14日の香港株式市場は反落して終了した。米中の閣僚級貿易協議が同日から始まり、市場は様子見ムードが広がった。ハンセン指数は終始、マイナス圏を推移。主力銘柄やIT関連銘柄がさえない。香港経済日報系のニュースサイト、経済通が伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比65.54ポ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

低空飛行の日韓路線(下) 韓国頼み裏目、誘致継続で打開を(09/20)

テイクオフ:長かった中華圏暮らしを…(09/20)

オフィス賃料、来年2割下落か 企業の拡張鈍り、移転の動きも(09/20)

ローズウッドホテル、シエムレアプで開業へ(09/20)

住宅価格、デモ長期化でさらに1割下落か(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

PMQも賃料減額、社会混乱で入居企業支援(09/20)

政策金利2.25%に引き下げ、HKMA(09/20)

退任のHKMA総裁、混乱収束へ呼び掛け(09/20)

マカオに正式投入、電子決済の支付宝(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン