• 印刷する

バイオディーゼル安定化基金の創設検討

マレーシア第一次産業省は、バイオ燃料の普及に向け、価格安定を図る「バイオディーゼル安定化基金(BSF)」の創設を検討している。ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

テレサ・コック第一次産業相は12日、バイオ燃料関連の会合に出席し、「現時点でBSFの創設は構想段階で、閣議でも取り上げた。実現にはさらに検討が必要だ」と述べ、財務省、首相府、貿易産業省などと協議する考えを示した。

基金の具体像についてコック第一次産業相は、タイが石油価格の安定に向けて創設した石油基金の例を挙げた。石油基金は300億バーツ(約1,060億円)規模で、消費者の負担を軽減するため、石油価格の値上がり分の50%を吸収する機能を持つ。

同相は「タイ石油基金と似ているが完全に同じではない。主眼はバイオディーゼルが消費者にとってもっと魅力的なものになるよう、価格の急激な上昇や下落を避け、安定化することだ」と説明した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 農林・水産天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー系マレーシア人の…(02/21)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

港湾規模の格差がさらに拡大 対シンガポール、国家政策が必要(02/21)

RM=27.2円、$=4.07RM(20日)(02/21)

KTM複線改良事業、工事費35%圧縮へ(02/21)

不動産市場は今年も低迷、供給過剰など影響(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

サンウエー建設、テナガ本社の改築受注(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

ボーステッド、ブキビンタンのホテル売却へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン