【為替・金利】マレーシアの為替・金利動向と展望・2月

■為替 ◆2019年1月の動向 1月の対米ドル・リンギは4.13後半で寄付き。2日に米アップルが中国での不振を背景として業績下方修正を発表すると、米株が急落。リスクオフで大幅に円高が進む中、リンギは対米ドルでも小幅に弱含み4.14台に乗せた。しかし、米株の下落が単日に…

関連国・地域: マレーシア米国欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「これまで小切手を受け…(11/20)

国家自動車政策で官学提携 次世代技術に照準、MARii(11/20)

「マレーシアストリート」開設、東京五輪で(11/20)

長野・池田町長が日本酒の紹介イベント(11/20)

RM1=26.2円、$1=4.16RM(19日)(11/20)

香港人の物件購入、向こう6カ月で1万軒も(11/20)

ペナン州政府、工業用地の借地権延長に配慮(11/20)

SME銀、ECRL受注中小企業に融資枠(11/20)

米航空局の評価引き下げ、委員会設置で対応(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン