【カンボジア経済通信】IMFとAMRO、経済好調も制裁リスク指摘 第342回

国際通貨基金(IMF)と、アジア版IMFともいえる東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)マクロ経済調査事務局(AMRO)は、カンボジア経済に関する報告書を発表した。両機関とも、2019年のカンボジア経済の好調を予測。他方、カンボジアの強権的な政治姿勢に…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国内のコロナ感染者、13日ぶり確認(09/29)

チクングニア熱、南部で感染が急増(09/29)

大国の圧力は平和に障害、首相が国連で演説(09/29)

テーゾイ、カンボジアで家電50店体制へ(09/29)

20年成長率、マイナス4%に修正=ADB(09/28)

コロナワクチン供給、首相がロシアに要請(09/28)

プノンペン商銀とトゥルー、融資返済で提携(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン