• 印刷する

スクート、KL―シンガポールの需要に期待

シンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクートは、マレーシア・クアラルンプール(KL)―シンガポール便が今後2年にわたって、同社が運航する国際線の中で利用者が最も多い路線になるとの認識を示した。11日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

スクートのビノド・カナン最高商業責任者(CCO)がこのほど、同紙のインタビューで明らかにした。同社は現在、両都市を結ぶ便を週22往復運航し、搭乗率は80%を超える。

ビノドCCOは「今後も多くの新規路線を計画しており、KL―シンガポール便は中・長距離路線への重要な接続便になる」になると説明した。

スクートは最近、系列のシルクエアの17路線を順次引き継ぐと発表したばかりだ。スクートの就航都市は来年までに18カ国・地域、77都市に増える。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

マハティール首相、国交45周年で4月訪中(02/15)

ベルジャヤ・ソンポ、収入保険料9.5%増目標(02/15)

GDP成長率、4Qは4.7% 個人消費主導、前期から成長加速(02/15)

RM=27.2円、$=4.07RM(14日)(02/15)

4Q経常黒字、前期比2.8倍の108億リンギ(02/15)

4Qの対外純資産、777億リンギの赤字(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

リンギ高加速、年末には3.8リンギ=RHB(02/15)

ナザ、年内に伊二輪ベスパ8モデル投入(02/15)

グラブの宅配サービス、首都圏で正式開始(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン