• 印刷する

国営郵便、18年の純利益60%増

国営郵便カンボジア・ポストは、2018年の売上高が前年比55%増の1,316万米ドル(約14億4,710万円)、純利益が同60.6%増の102万米ドルだったことを明らかにした。郵便サービスに対する国民の信頼度が高まった結果と説明している。クメール・タイムズ(電子版)などが11日に伝えた。

国営郵便は、18年に電子決済アプリ「ポストトランスファー」を導入。公共料金や学費の支払いなどの内外の決済をオンラインで可能にした。小包配送料のオンライン決済など既存の郵便サービスにも利用できるのが特徴だ。

このほか、5%を出資するカンボジア郵便銀行(カンボジア・ポスト・バンク)の運転資本を約7,500万米ドルに引き上げた。同社には、国営郵便のほか、地場大手カナディア銀行が50%、シンガポール政府系テマセク・ホールディングスの子会社フラートン・フィナンシャル・ホールディングスが45%を出資している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

会社登記1.4万件に倍増 18年1~11月、商標登録も増加(02/15)

近鉄エクスプレス、首都空港に事務所開設(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

商業省、EU制裁手続き受け対策協議(02/15)

首相長男、EU制裁は「試されている」(02/15)

首都渋滞緩和へ特別チーム組織、国家警察(02/15)

エミレーツ、バンコク―プノンペン線就航へ(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

ABA銀、11支店新設を計画(02/15)

教育省、中退者の海外出稼ぎを懸念(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン