• 印刷する

セブパシが札幌便検討、新機材で実現可能に

フィリピンの格安航空会社(LCC)最大手、セブ・パシフィック航空は、マニラ首都圏と日本をつなぐ路線を拡充する方針だ。札幌便の就航などを検討している。今年に順次納入を受ける新機材により、適切な座席数で日本全都市に直行便を飛ばせる体制が整う。

松本知彦・日本支社長はNNAに対し、「実現させたい路線計画として、札幌便と羽田便が候補に挙がっている」と説明した。航続距離が5,000キロメートル以上のナローボディー機のエアバス「A321ネオ」導入により、札幌など北日本をつなぐ便の就航が可能となる。札幌便は、通路が2列のワイドボディー機では座席数が供給過多となる恐れがあり、これまで見送ってきた。

松本氏によると、羽田は「どの航空会社も路線を問わず就航させたい空港」。路線を結ぶためには、日本、フィリピン両政府による航空交渉での合意が必要という。

同社は先月、A321ネオの1機目の納入を受けた。今年は同機材を計6機導入する予定だ。

セブ・パシフィック航空は現在、マニラと日本では、成田、大阪、名古屋、福岡の4空港とをつなぐ便を運航している。セブ州と成田もつないでおり、昨年12月には同路線を週4便から毎日運航に増便していた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

クラーク再開発、データランドが参画協議(02/15)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(上) 政府事業の3千台、ついに完納へ(02/15)

メトロパシ、カビテに国内最大級の配送ハブ(02/15)

メトロパシの高速道会社、政府保有株売却へ(02/15)

首都圏統合駅の建設、3工区全て地場と契約(02/15)

米シールドエアー、地場の軟包装事業を買収(02/15)

グーグルが無料ワイファイ、PLDTと協業(02/15)

14日為替:$1=52.380ペソ(↓)(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

台湾政府、今年の比人観光客50万人目標(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン