• 印刷する

春節映画、興収増も動員数は前年割れ

中国の春節(旧正月)連休(4~10日)における映画市場は、興行収入が前年同期を上回る一方で観客動員数が減少した。期間中の興収1位は国産SF作品「流浪地球」だった。

映画専門サイトの猫眼電影によると、春節連休に合わせて封切られた作品は前年の6作から8作に増え、7日間の興収は前年同期比1.4%増の58億元(約940億6,100万円)余りに上った。観客動員は延べ約1億3,000万人で、10.3%減と2桁の落ち込みだった。

内訳を見ると、春節の当日(5日)は興収が13%増の14億4,000万元に達し、1日当たり興収の世界記録を更新。ただ、同日の動員数は2%減となり、前年実績に届かなかった。その後は前年の興収を上回る日はなく、動員数も2桁の減少が続いた。チケット料金の値上がりが興収を押し上げた一方、25歳未満の若い層を中心に観客が離れた。

「流浪地球」は封切り初日が全体4位の興収だったが、右肩上がりに動員を増やし、10日午後時点の累計興収は20億700万元に達した。同日までの累計興収で2位、3位はいずれも国産コメディーの「瘋狂的外星人」(14億4,600万元)、「飛馳人生」(10億4,100万元)となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ハンファ傘下、ファーウェイ系部品調達縮小(17:33)

〔オセアニアン事件簿〕注意!WA州で偽50豪ドル札出回る(17:56)

NEVへの移行、政府は強制しない=識者(17:59)

テイクオフ:目の調子が悪く、地元の…(06/17)

工作機械輸出、7カ月連続減 5月は8%減、メーカー各社も減収(06/17)

逃亡犯条例改正案の審議延期 撤回はせず、緊張継続か(06/17)

5月の工業生産5.0%増 10年ぶり低水準、米中摩擦影響(06/17)

米の対中追加関税率、15日から一律25%に(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン