• 印刷する

テイクオフ:台湾の航空大手、中華航…

台湾の航空大手、中華航空のパイロットがストライキを実施した。11日までに日本路線を含む80便以上が欠航し、1万人以上が影響を受けたと言われる。

折しもストが始まった8日の午前、中部国際空港から中華航空機で台北に向かった。機内は春節を日本で過ごした台湾人客でいっぱい。ほとんどの乗客がストのニュースに、「予定通り飛んでよかった」と胸をなでおろしたに違いない。

どの労働者もストをする権利はある。だが、この時期は避けてほしかった。パイロット側は、会社に与えるダメージが大きいと思ったのかもしれないが、利用者にとっては迷惑なだけ。中華航空ひいては台湾のイメージ悪化は免れず、売り上げが落ちてパイロットの待遇改善にもつながらない悪循環に陥る恐れもある。支持率の低空飛行に悩む蔡英文政権も新年早々、新たな頭痛の種を抱えることになってしまった。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもの頃、共働きの両…(06/17)

工作機械輸出、7カ月連続減 5月は8%減、メーカー各社も減収(06/17)

JDI支援1社見送り、代替出資確保へ再交渉(06/17)

聯発科技、20年3月に5G向けSoC量産へ(06/17)

パネル友達、後工程の台湾移管を検討(06/17)

英業達董事長、「ノートPC全量台湾生産も」(06/17)

電子業界、ハイエンド生産ラインは台湾へ(06/17)

交通部、5G周波数の割り当て計画を提出へ(06/17)

台湾電子機器アクベル、ラグナ工場を拡張(06/17)

ヒエップフオック火発、ガス燃料に改造中(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン