• 印刷する

テイクオフ:外国人女性が話す少しお…

外国人女性が話す少しおぼつかない日本語は、かわいい。本人たちは、そんな風に思われたくない、もっと流ちょうにしゃべりたい――そう思っているに違いないが、長く暮らした中華圏でそんな日本語を耳にするたびに、きゅんとしていた。

「中国語をしゃべるとき、ぶりっ子してない?」と、そういえば私も指摘されたことがあった。優しく接してもらうために柔らかい口調を心掛けているので、計算していないといえばウソになる。私の中国語にときめいてくれた中国人男性も、もしかするといただろうか。

インドに来てからはそんな経験をすることがなかったが、グルガオンの韓国系スーパーで、その瞬間はふいにやってきた。インド人の男性店員が葉もの野菜を指さして言ったのだ。「コマチュナ」と。ずるいよ。おかげで買うつもりではなかった小松菜を、かごに入れてしまったではないか。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:暑さを逃れて、シムラや…(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

スマホのEC出荷、過去最高 ECと店舗で出荷のバランス探る(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

シャオミ下請けホリテック、印北部に工場(06/17)

Rジオ、売上高で初めて国内2位に(06/17)

エア・ウォーター、印の産業ガス事業取得(06/17)

大和エナジー、洋上太陽光企業に出資(06/17)

自動車販売店の低迷続く、二輪は在庫が拡大(06/17)

伊ピアッジオ、電動三輪車を年内に発売(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン