バーツ高進行、中銀が警戒感 年初から3%上昇で輸出減速懸念

2018年末からタイバーツの対米ドル・レートが上昇し続けている。急速な上昇ではないものの、18年4月以来の高値となる1米ドル=31バーツ前半にまで進行。年初時に比べて3%上昇しており、商工団体からはタイの輸出競争力を低下させるとして懸念の声が上がっている。タイ中央銀行…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの消費者ローンの不…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

19年上半期の輸出2.9%減 6期ぶりマイナス、対中輸出低迷(07/23)

APホンダ、LINEとコラボの二輪発売(07/23)

アウディ、スポーツクーペの新型車発売(07/23)

物流IWDインフォ、倉庫投資で合弁事業(07/23)

不動産ラリンの予約販売好調、低層重視奏功(07/23)

PTT、RATCHの発電所に天然ガス供給(07/23)

中部ロッブリのダム、貯水量が5%に低下(07/23)

ガルフ、ベトナム風力事業で売電契約を締結(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン