• 印刷する

《日系進出》飲食店予約管理テーブルチェックが拠点設立

飲食店のクラウド型予約管理システムを手掛けるテーブルチェック(東京都中央区)は5日、インドネシアの首都ジャカルタに営業拠点を新設、今月から本格的に業務を開始したと発表した。海外営業拠点は韓国とシンガポールに次ぐ3カ国目。同社の予約管理システムをホテル内のレストランなどに提供し、2020年2月末までにインドネシアで導入実績50店舗を目指す。

ジャカルタやバリ島などホテルや高級レストランが多い地域への営業に注力する。英ホテル大手のインターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)など、他国で導入実績がある企業などから、インドネシアでの導入について既に打診を受けている。

テーブルチェックは11年設立。飲食店がパソコンや携帯端末で予約を管理できるサービスや、販売時点情報管理(POS)情報や電話との連携機能などを持ったサービス「テーブルソリューション」を提供する。従業員の作業時間の削減や予約キャンセルによる損失回避、顧客満足度の向上などを目指す。

20年末までにテーブルソリューションを海外の450店舗に導入する目標。18年末の導入実績は17カ国約3,100店舗で、このうち海外店舗が105店舗だった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

バリ州都の近代小売店、レジ袋使用が9割減(02/22)

国道23 キロをプラ混合アスファルトで舗装(02/22)

パティンバン港を経済特区へ 西ジャワ州、東部に産業地を提案(02/22)

ホンダ、MPVなど2車種マイナーチェンジ(02/22)

政策金利、3カ月連続6.0%で据え置き(02/22)

ニールセン消費者信頼感、世界3位(02/22)

国内タイヤ工場の稼働率、6割に低迷(02/22)

政府が石油・天然ガス探査に11億米ドル支出(02/22)

西ジャワ空港、貨物便就航で収益向上へ(02/22)

宅配業者、航空輸送費値上げで陸海利用拡大(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン