• 印刷する

イオングループ、商業施設内に遊戯施設

イオングループでアミューズメント施設の運営などを手掛けるイオンファンタジー(千葉市)は20日、ベトナムでフランチャイズ(FC)事業を展開すると発表した。2014年に南部でショッピング・センターの開店を予定しているイオンベトナムとの間で、今月中に子供向け室内遊戯施設の運営に関するFC契約を結ぶ。ベトナムに続いてカンボジアでも事業を計画している。

遊戯施設の出店を予定しているのは、ホーチミン市で14年上半期(1~6月)に開店が予定されている「イオンタンフーセラドンショッピングセンター」(仮称)と、南部ビンズオン省トゥアンアン郡で14年度の開店が予定されている「イオンビンズオンキャナリーショッピングセンター」(仮称)の2カ所。

イオンファンタジーの広報担当者は、NNAに対して、1カ所当たりの施設面積は200~250坪で、メリーゴーランドなどの幼児向け体感遊具を中心とした内容になると説明した。将来的には現地子会社を設立することで直営とすることも視野に入れている。

同社は現在、中国で30カ所、マレーシアで36カ所、タイで2カ所の合計68カ所で室内遊戯施設の運営を展開している。このうち、62カ所が現地子会社による直営。


関連国・地域: 中国タイベトナムマレーシア日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

キリン、機能性飲料を拡充へ 越の健康志向、日系の挑戦(上)(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

外食のサガミ、ベトナム3号店をオープン(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

ホーチミン市新バスターミナル、来月開業(09/21)

EU企業、カイメップハ港でロジセンター(09/21)

米物流UPS、ベトナムに貨物便運航(09/21)

フィンランド投資社、ビンズオン鉱産に出資(09/21)

電源開発の遅れ、手続き重複に原因=EVN(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン