• 印刷する

《日系進出》鹿児島銀行、4月に台北事務所を開設

鹿児島銀行は4月をめどに、台北市信義区のオフィスビル「交易広場」に駐在員事務所を設ける。日本の地方銀行が台湾に事務所を設けるのは、福岡銀行、秋田銀行に続く3行目。台湾への進出や販路拡大を検討する取引先企業の商流を後押しするのが狙い。4月8日に開設する予定で、スタッフ3人から始める。

鹿児島銀行の台北駐在事務所では主に、取引先企業の台湾進出や貿易取引拡大などに対するサポート、台湾における各種産業分野での交流促進支援、台湾の経済・金融・貿易事情などの情報収集と情報提供を行うほか、台湾の政府機関・金融機関などとの関係強化を図る。

鹿児島銀行の担当者によると、同行にとって海外事務所の設置は中国上海市に続く2カ所目。現在、貿易業務を含め、台湾に進出している鹿児島銀行の取引先企業は50社以上あるという。担当者はNNAに対し、「当県は『農業県』とも呼ばれている。台湾が日本産牛肉の輸入を解禁したことなどもあり、地元企業の台湾への輸出需要がますます高まっていることから設置を決めた」と説明した。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年に入り、台湾で児童…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

三菱重の業務用空調販売へ 上洋、回帰投資や飲食業需要に対応(02/21)

PCBの臻鼎が印工場計画、20年に量産へ(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

和泰汽車、日本仕様の新型プリウス投入(02/21)

台北の工作機械見本市、商機は20億米ドル(02/21)

「蝦皮」での県市別消費額、18年は彰化が最高(02/21)

電源デルタ、自動車用好調で18年は4%増益(02/21)

台湾ファミマ、沖縄県産鶏卵の販売開始(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン