• 印刷する

春節の6空港利用者、4%増の593万人予測

タイ空港公社(AOT)は、春節(旧正月)の休暇中にタイの主要6空港を利用する旅行者が、前年の旧正月休暇に比べて4%増の593万人に上る見通しだと明らかにした。1日付バンコクポストが報じた。

AOTのニティナイ社長によると、1月30日~2月11日の6空港における運航便数は、前年同期比7.2%増の3万5,000便に上る見通しで、チャーター便は800便運航する。

空港別の見通しでは、スワンナプーム国際空港の利用者が、3.6%増の263万人で、ドンムアン空港が4.3%増の161万人。北部チェンマイ空港は9.4%増の50万人で、南部のプーケット空港は4.1%増の92万人などと予測した。

運航便数は、スワンナプーム国際空港が9%増の1万4,800便、チェンマイ空港が13.6%増の3,300便、プーケット空港が0.3%増の4,800便などとなる見通し。

中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)の調査では、タイは旧正月の休暇中の旅行先として最も人気だという。タイ国政府観光庁(TAT)によると、4~10日にタイを訪れる外国人旅行者は、前年の旧正月休暇に比べて8%増の103万人に上り、観光収入は11.5%増の240億バーツ(約835億円)と見込まれる。


関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3空港高速鉄道、来年1月に着工見通し(06/24)

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

新規の感染者2299人、死者は18人(23日)(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

5月車輸出は3%減の7.7万台、バイクは増(06/24)

5月の車生産は8%減、乗用車が不振(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン