• 印刷する

EV普及に奢侈税減免など二つの優遇策

インドネシア政府は、電気自動車(EV)を含む低炭素車両(LCEV)の普及を目指し、二酸化炭素(CO2)排出量に応じた奢侈(しゃし)税の減免と、LCEV完成車の輸入関税軽減という二つの優遇策を準備している。優遇策を盛り込んだLCEVに関する規定を制定するため、産業省と海事調整省が最終調整を行っている。30日付地元各紙が伝えた。

産業省金属・機械・輸送機器・電子機器(ILMATE)局のハルヤント局長は「CO2排出量が最も少ない車両は、奢侈税をゼロにする見通し。完成車の輸入関税の軽減は、国内市場にLCEVを流通させる狙いがある。LCEVが普及すれば、石油燃料の国内消費量を削減できる」と述べた。

ハルヤント局長は、政府が電気自動車用リチウム電池の国産化を後押しすると表明。「日本や韓国などの投資家に呼び掛け、リチウム電池の工場建設を進めていく」と述べた。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)のヨンキー副会長は「LCEVの普及には、税の軽減などを通じて、車両価格を引き下げることが不可欠だ」と話した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府が地方自治体の首長…(11/19)

中国スマホのシェアが7割超 IDC調べ、サムスン3位転落(11/19)

ECショッピーの受注件数、3Qは倍増(11/19)

テルコムセル、医療相談アプリと協力事業(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

電動二輪車メーカー、今年の生産台数67%増(11/19)

韓国生産性本部、インドネシアに海外初拠点(11/19)

ガルーダ、A320―900ネオ1号機が到着(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

パティンバン港、国営子会社が運営に意欲(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン