19年の消費者物価2.6%上昇、中銀予測

カンボジア中央銀行は、2019年の消費者物価指数(CPI)が2.6%の上昇にとどまり、物価は安定水準で推移するとの見方を示した。輸入に頼る経済構造に加え、経済成長でモノの需要は高まっているが、自国通貨リエルが対米ドルで安定的に推移していることがインフレ抑制になっている…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船が出航、フィリピンへ(17:05)

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

アクレダ銀が4月上場、全株の5%を公募(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

首都に大型病院開設へ、投資額500億円超(02/28)

シエムレアプ宿泊業に税控除、新型肺炎で(02/28)

特恵引き換えのケム・ソカ氏釈放なし=首相(02/28)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン