• 印刷する

ANA、フィリピン航空親会社に9.5%出資

ANAホールディングスは29日、フィリピン航空(PAL)の持ち株会社PALホールディングスに出資すると発表した。同社の発行済み株式の9.5%を9,500万米ドル(約105億円)で取得し、協力関係を強化する。取引は3月末までに完了する。

ANAによる海外航空会社への出資は、韓国のアシアナ航空とベトナム航空に次いで3例目となる。

業務・資本提携により、ANAはPALに取締役を派遣し、共同運航や空港業務の相互委託の拡大を図る。両社は14年から共同運航の実施やマイレージの運用などで提携してきたが、中長期的な戦略パートナーとして体制を強化していく。

PALのハイメ・バウティスタ社長は声明で「PALは26日、日本への就航70周年を迎えた。ANAとの提携とともに歴史的な節目を祝えたことを光栄に思う」と述べた。

PALは現在、東京や大阪などの9路線を週に84便運航している。ANAとの提携で国際線と国内線を合わせ、日本の16拠点、フィリピンの11拠点が結ばれることとなる。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タール火山の噴火から1…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

噴火の経済損失66億ペソ 政府試算、製造業は影響少なく(01/21)

避難区域内の立ち入り完全禁止へ、政府(01/21)

REIT関連改正法に署名、投資呼び込み(01/21)

バイク配車の試験運用、打ち切り勧める(01/21)

19年の国際収支78億ドル、4年ぶり黒字(01/21)

中銀、3月までに債務証券発行へ(01/21)

〔セブ通信〕大統領、交通インフラの財源確保へ(01/21)

渋滞緩和へインフラ整備、3840億ペソ規模(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン