国分グループが地場と合弁 ASEANで低温食品物流を拡大

食品・酒類の卸売りを手掛ける国分グループ本社(東京都中央区)とシンガポール企業コモンウェルス・キャピタルは29日、シンガポールで合弁会社「コモンウェルス国分ロジスティクス」の設立記念式典を開催した。東南アジア諸国連合(ASEAN)で低温食品物流事業を展開する。 …

関連国・地域: シンガポール日本ASEAN
関連業種: 食品・飲料運輸小売り・卸売りサービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:女性が一人でタクシーを…(05/12)

大企業も柔軟に使い分け 共用オフィスの需要拡大(下)(05/12)

人件費高騰の建設業界を支援、法案提出(05/12)

重要公共インフラ整備での借入、新法で可能に(05/12)

都市計画スルバナ、環境配慮DCの試験事業(05/12)

シンガポールとの出張者入国特例を一時停止(05/12)

外食大手キムリー、同業の一部事業買収(05/12)

マレーシアとの往来特例、申請受付を開始(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン