爆発にISが犯行声明、信ぴょう性は不明

【マニラ共同】20人が死亡、約110人が負傷したフィリピン南部スルー州ホロ島の大聖堂の爆発で、過激派組織「イスラム国」(IS)が28日までに犯行声明を出した。信ぴょう性は不明。米国のイスラム武装組織監視団体「SITE」が明らかにした。 警察によると、爆発は27日朝に2回…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

配車グラブ、出前サービスでマックと提携(19:23)

太陽光発電タルラック2、中国製パネル設置(19:23)

教育STI、買収で世界基準の船員学校開校(19:42)

テイクオフ:当地の現金自動預払機(…(02/20)

新車販売のマイナス成長続く 1月は15%減の2.7万台(02/20)

トヨタの新ハイエース、比で世界初披露(02/20)

現代自の1月販売5%減、通年は楽観視(02/20)

19日為替:$1=52.210ペソ(↑)(02/20)

家電コンセプション、18年はペソ安で減益(02/20)

韓進のスービック造船所、操業を停止(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン