• 印刷する

iPhoneの中国市場出荷、18年は22%減

米市場調査会社ストラテジー・アナリティクスによると、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の中国市場における出荷台数は、2018年は前年比22%減の3,420万台に落ち込んだ。28日付北京商報が伝えた。

このうち第4四半期(10~12月)は前年同期比22%減の1,090万台で、四半期ベースでは直近2年間で最低となった。同期のシェアは10.1%で、前年同期の11.5%から1.4ポイント縮小した。

ストラテジー・アナリティクスの幹部は、iPhoneは製品価格の上昇が続いていることで、一般消費者の支持を失っていると分析。中国市場から閉め出される瀬戸際にあると指摘している。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国とのFTA締結協議、来月3日に開始(11/18)

テイクオフ:「17番のジャージャー…(11/18)

群創が701億元の回帰投資 過去最大、米国向け生産を振替(11/18)

中国非鉄業界の一帯一路、採算面で慎重さも(11/18)

製造・サービス業融合を推進 産業の高度化で発展の質確保(11/18)

華為が5Gスマホを来年日本投入、複数機種(11/18)

行政の「怠慢」許さない、景気対策で首相(11/18)

米中閣僚が電話協議、第一段階の合意目指し(11/18)

華為が新機種発表、通信業者は取り扱わず(11/18)

10月の新築住宅価格、上昇は50都市に減少(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン