• 印刷する

テイクオフ:北京の地下鉄6号線は昨…

北京の地下鉄6号線は昨年末に延伸部分が開業し、新たに6つの駅が誕生した。その中に、日本人の目を引きそうな?駅名がある。「田村(ティエンツン)」だ。周辺の地名に由来する。

中国の地名を日本語読みする場合、歴史的に慣用読みが定着している北京や上海などを除いては、漢字の音読みが原則だ。しかしこの駅名を読む場合、「デンソン」よりも「タムラ」の方がはるかにしっくりくる日本人の方が多いのではないだろうか。日本人の代表的な姓の一つでもあるし。北京地下鉄では田村以外でも、駅名が日本人のよくある姓と一致する駅として、14号線に「大井」が存在する。

深セン市の地下鉄にも、「坂田」「西郷」「福田」「益田」といった、日本人の姓と一致する駅名がある。中国全国ではいったいどれだけあるだろうか。調べてみると面白いかもしれない。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:本格的な冷麺の季節を迎…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:上海で夜の散歩中、どこ…(07/23)

上期輸出受注が7%減に 米中摩擦響く、8カ月連続減(07/23)

シアヌークビル―中国直行便、開設相次ぐ(07/23)

科創板、初日は全銘柄が急騰 最高は安集科技の5倍高(07/23)

チャウピュー港の環境評価、法的不備の指摘(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン