• 印刷する

日揮、越最大級の太陽光発電所を完工

日揮(横浜市)は28日、ベトナムのコングロマリット(複合企業)タインタインコン(TTC)グループが過半出資するザーライ電力合弁会社から受注した中部高原ザーライ省の太陽光発電所を完工したと発表した。ベトナム最大級の太陽光発電所という。

この太陽光発電所は、クロンパ地区に立地し、出力(直流)は約70メガワット(MW)に上る。日揮は昨年3月、現地法人JGCベトナムと共同でザーライ電力合弁会社から同発電所の建設案件(クロンパメガソーラープロジェクト)を受注し、設計・調達・建設(EPC)を遂行。同年12月に完工し、商業運転が開始された。

ザーライ電力合弁会社には、TTCグループが51.00%、アームストロングアセットマネジメントが20.05%、国際金融公社が15.95%、その他が13.00%出資している。

日揮は、同プロジェクトに加え、昨年5月と7月にTTCグループが南部タイニン省で主導する太陽光発電所建設プロジェクト2案件(TTC1プロジェクト、TTC2プロジェクト)を相次いで受注。両案件とも今春の完工を目指して遂行している。今回完工したプロジェクトと後続の2案件の発電容量は計約190MW(直流)に達し、日揮グループは、発電容量ベースで同国最大級の建設実績を有することになる。今後は、風力発電所の建設の受注も目指すという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

ララムーブ、2年で黒字視野 価格競争よりサービスの質で勝負(02/20)

日本産鶏肉PRイベント、HCM市で開催(02/20)

プジョー、点検整備に2時間以上で代車提供(02/20)

ベトナム航空、「指さし会話帳」の提供開始(02/20)

鉛蓄電池の広隆、越工場ラインを2Q稼働(02/20)

配車アプリのタクシー並み規制検討、運輸省(02/20)

ビナケム、ラオスのカリウム塩事業から撤退(02/20)

屋根置き太陽光発電、各種の税優遇策(02/20)

ビンフオック省、ゴム園を太陽光発電に転用(02/20)

米国の玩具製造、中国から越へ移転の動き(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン