• 印刷する

NTT、ビンズオンのスマート都市計画開始

NTT東日本グループのNTTベトナムは24日、南部ビンズオン省でベトナム技術通信社(VNTT)との間で協力する同省のスマートシティー計画に関する投資証明書の授与式を開催した。式典にはNTT東日本の井上福造社長や在ホーチミン日本総領事館の河上淳一総領事、同省人民委員会のチャン・バン・ナム主席などが出席した。

NTTベトナムは、ビンズオン省のスマートシティー計画でICTソリューションを提供する。写真は投資証明書授与式であいさつをするNTT東日本の井上社長=24日、ビンズオン省

NTTベトナムは、ビンズオン省のスマートシティー計画でICTソリューションを提供する。写真は投資証明書授与式であいさつをするNTT東日本の井上社長=24日、ビンズオン省

これによりNTTベトナムと、ベカメックスIDC(国営工業投資開発公社)と国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)の合弁会社であるVNTTによる通信基盤と情報通信技術(ICT)ソリューションの提供を目的とする同プロジェクトがスタートする。

両社は昨年6月に事業協力契約を締結しており、投資総額は1億7,000万米ドル(約186億3,500万円)に上る。ビンズオン省は省をあげてスマートシティープロジェクトを推進しており、昨年はベトナムの都市で唯一、インテリジェント・コミュニティー・フォーラム(ICF)のメンバーに選出され、世界のスマートシティー開発戦略地域21都市の一つに選ばれた。

NTT東日本の井上社長はあいさつで、日本では昨今モノのインターネット(IoT)がさまざまな産業や地域社会に拡大していると紹介。街づくりに力を注ぐビンズオン省の発展に多くの日本企業が寄与していることを挙げ、「ICT分野においては、NTTグループが力を発揮する場が存分にある」と述べた。また既に同省に人員を配置しており、事業スタートの準備は整っていると話し、NTT東日本が同省のスマートシティー化を後援すると約束した。

NTTベトナムとVNTTによる協力プロジェクトの開始を鏡開きで祝う関係者ら=24日、ビンズオン省

NTTベトナムとVNTTによる協力プロジェクトの開始を鏡開きで祝う関係者ら=24日、ビンズオン省

同日に併せてビンズオン省で進められている第2データセンターの建設において、事業性検討の合同実施に関する覚書を締結した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

近代小売店へのシフト鮮明に 価格より「安心・安全」志向強く(02/18)

ハノイメトロ2A号線、4月に商業運転開始(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

韓国サムウ建築士事務所、HCM支社開設(02/18)

ダナン市、外国人所有可住宅のリスト公表(02/18)

トゥアティエンフエ省、リゾート開発承認(02/18)

越の炭素鋼溶接管、カナダが低率AD課税(02/18)

シンガ企業、ゲアン省に2億ドルの繊維工場(02/18)

対越貿易拡大へ、複数品目の関税撤廃で合意(02/18)

石油価格安定基金、残高3.5兆ドンに減少(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン