• 印刷する

ANA、フィリピン航空との提携強化検討か

フィリピン航空(PAL)は23日、ANAホールディングスがPALに出資を検討していると地元紙が報道したことに対し、「現時点でどの企業とも合意していない」との声明を出した。一方、ANAは「提携自体は検討している」と明らかにし、可能性を否定しなかった。

PALは、地元紙インクワイラーが同日に「ANAがPALに対し出資を検討している」と伝えた記事について、フィリピン証券取引所(PSE)に報告書を提出。「当社は常に戦略投資家(との提携)の可能性にオープンな姿勢でいる」と将来的な資本提携に含みを持たせる一方、「現段階ではどの投資家とも合意していない」と説明した。株式の売却額や比率についてもコメントしなかった。

ANAの広報担当者はNNAに対し、「提携は検討しているが、現時点では何も決まっていない」と話した。

インクワイラーが情報筋の話として伝えたところによると、ANAは2016年に国営ベトナム航空に出資した際と同等の出資を行う方針。ANAはベトナム航空の株式8.8%を総額2兆4,310億ドン(当時のレートで約110億円)で取得していた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(09:50)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(09:50)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

テイクオフ:クリスマス商戦が終わっ…(01/27)

噴火の警戒レベル引き下げ 2週間ぶり、避難区域も縮小(01/27)

商船三井、火山噴火の被災者に1万ドル(01/27)

新型肺炎疑いの男児、検査で陰性=保健省(01/27)

武漢とのチャーター便運休、比「新型肺炎終息まで」(01/27)

日本が資金協力第2弾、養蚕普及支援で(01/27)

EUの特恵関税、19年の利用は低調(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン