• 印刷する

テイクオフ:アラバンに住んでいます…

アラバンに住んでいます、引っ越しました、職場があります――。そんな声をよく聞くようになった。マニラ首都圏随一のオフィス街、マカティ市から南に約20キロの位置にある同地域。開発が急ピッチで進んでいるという。

フィリピン版のシラチャー(タイ)、だろうか。工業地帯であるラグナ州内の工場に勤める日本人男性によると、マカティからだと職場への距離と渋滞が問題となり、生活環境が整ったアラバンへの転居を決めた。マカティは住宅の供給不足で割高なのが欠点らしい。

あるフィリピン人女性によると、コールセンターや教育機関も増えてきて、職場がある知人も多いらしい。首都圏南部にある要所。レジャーや仕事で地方に行き、帰路にビル群が見えてくると「おっ、もうアラバンか」とマニラへと帰ってきたことを知らせてくれる場所。今後のアラバン開発から目が離せない。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(15:08)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(09:50)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

テイクオフ:クリスマス商戦が終わっ…(01/27)

噴火の警戒レベル引き下げ 2週間ぶり、避難区域も縮小(01/27)

商船三井、火山噴火の被災者に1万ドル(01/27)

新型肺炎疑いの男児、検査で陰性=保健省(01/27)

武漢とのチャーター便運休、比「新型肺炎終息まで」(01/27)

日本が資金協力第2弾、養蚕普及支援で(01/27)

EUの特恵関税、19年の利用は低調(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン