• 印刷する

富士通、豪国防省デスクトップサービス受注

富士通のオーストラリア現地法人である富士通オーストラリア(豪富士通)が、オーストラリア国防省からデスクトップ関連サービスを受注したことが分かった。契約規模は9,900万豪ドル(約77億6,500万円)で、契約期間は3年間。【NNA豪州編集部】

豪富士通は今回の契約に基づき、オーストラリア全土にわたる450カ所以上の国防省の施設で、約10万人の国防省職員に対するデスクトップ・コンピューター関連のサポートのほか、◆倉庫の在庫管理システムのサポート(兵器類は含まない)◆将官などのVIPに対する特別なITサービス――などを提供する。

豪富士通の広報はNNA豪州に対し、「国防省とはこれまでの20年以上の長い取引実績から信頼関係が構築されている。国防省の状況を理解していることから契約の獲得につながったと考えている」と話した。

声明で同社は、600人以上を国防関係の仕事に従事させており、国内の雇用に貢献しているとする。サービスの提供開始は2019年8月1日を予定している。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーにはお酒が好き…(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

〔政治スポットライト〕電力企統制法案、与党が総選挙の争点に(02/18)

トール、TAS州貨物拡張に3億$以上投資(02/18)

アダニ炭鉱にダメ出し、科学的評価の草案で(02/18)

豪インドネシア、IA―CEPAを3月締結(02/18)

〔ポッサムのつぶやき〕豪最高裁判所、昨年の満場一致判決は44%(02/18)

非正規社員の二重取り規制、野党が撤回動議(02/18)

AMP通年97%減益、構造改革急務に(02/18)

保険サンコープが異常気象に悲鳴、45%減益(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン