• 印刷する

テイクオフ:グジャラート州投資サミ…

グジャラート州投資サミットの開会式で、各国の政府高官と企業トップがスピーチした。20人はしゃべっただろうか。約4時間の長丁場に及んだ。

モディ首相に次いで、2番目に聴衆の心をつかんだのは米国人だった。男の名はマット・ベビン氏。米国代表団を率いたケンタッキー州知事だ。

祝辞から入るほかの演説者と違い、ベビン氏は「私はド田舎出身だがアメリカン・ドリームをつかんだ」と話し始めた。「君たちの中にも同じ境遇の人が多いだろう。でもインドも米国と同じで、夢をつかめる自由な国だよな」と共感を得る方向に持っていく。「米印でどんどん意見を交換しよう。押し合い圧し合いしながら、互いの規制を打ち破っていこうぜ」と締めくくると、拍手喝采が送られた。

インド通の友人から聞いた「インド人は俺様系の指導者が好き」という話に、心の底から納得した瞬間だった。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:暑さを逃れて、シムラや…(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

スマホのEC出荷、過去最高 ECと店舗で出荷のバランス探る(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

シャオミ下請けホリテック、印北部に工場(06/17)

Rジオ、売上高で初めて国内2位に(06/17)

エア・ウォーター、印の産業ガス事業取得(06/17)

大和エナジー、洋上太陽光企業に出資(06/17)

自動車販売店の低迷続く、二輪は在庫が拡大(06/17)

伊ピアッジオ、電動三輪車を年内に発売(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン