不動産センチュリー、クラーク開発に参画へ

フィリピンの不動産開発大手センチュリー・プロパティーズ・グループ(CPG)は、パンパンガ州クラーク自由港で進む複合都市開発「クラーク・グローバル・シティー」に参画する。開発権を持つ事業者との間で、面積2.6ヘクタールの敷地に住宅とオフィスビルを開発する合弁会社を設…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:遅すぎる――。日系の大…(02/19)

中国人不法就労者急増にメス オンラインカジノの実態把握へ(02/19)

豚コレラ域内侵入か、越から輸入禁止(02/19)

「アフリカ豚コレラ」関連資料(02/19)

租税特赦法が成立、大統領は一部条項を拒否(02/19)

遅い審査は自動承認、政府が改善へ細則案(02/19)

インフレ率は2Qに目標値内に、予算管理相(02/19)

クラーク開発公社、昨年は過去最高益(02/19)

悪臭マニラ湾を浄化せよ、政府一丸7年計画(02/19)

18日為替:$1=52.330ペソ(↑)(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン