• 印刷する

ジャワ島外の工業団地、今年は8カ所が稼働

インドネシアのアイルランガ産業相は18日、今年ジャワ島外の8カ所の工業団地を稼働させる目標を明らかにした。19日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

稼働が予定されているは、◇石油・ガス下流産業のリアウ州タンジュンブトン◇フェロニッケル産業の西カリマンタン州ランダック◇石油化学産業のアチェ州ロクスマウェ◇農業・物流産業の東カリマンタン州マロイ◇農業のアチェ州ラドン◇諸産業の北スマトラ州メダン◇アルミニウム産業の北カリマンタン州タナクニン◇農業・物流産業の北スラウェシ州ビトゥン――の8カ所。いずれも現在建設が進められている。

北スマトラ州クアラタンジュンやジャンビ州クミンキン、南スマトラ州タンジュン・アピアピなど10カ所でも工業団地の建設が計画されている。

産業省によると、2015~17年の3年間に国内の工業団地で製造業向けに支出された投資額は126兆5,000億ルピア(約9,758億円)。アイルランガ産業相は、工業団地の開発が進めば投資額も増えると見通している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都移転、経済成長を0.1%押し上げる効果(16:33)

GMF、航空エンジン整備を3倍に増強へ(16:19)

バタム島、プラごみの受け入れ拒否へ(13:37)

テイクオフ:インドネシアで「子ども…(06/27)

MNCがテーマパーク開発 23年までに開業、東南アジア最大(06/27)

ホンダ5月販売、ブリオシリーズが好調(06/27)

ブリヂストン、ワンストップ販売店を新設(06/27)

LCC航空運賃引き下げ、7月1日から適用(06/27)

クルタジャティ空港へ11社がバス路線新設(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン