• 印刷する

金融の結好、静岡でのリゾート開発を発表

金融サービス事業など手掛ける香港上場の結好控股(ゲットナイス・ホールディングス)は16日、日本の企業と合弁会社の設立に向けた覚書を交わしたと発表した。事業免許を取得した上で、静岡県牧之原市で統合型リゾート(IR)の開発に乗り出す。海外事業の多角化に向けた取り組みの一環。

合弁先はShotoku Rinaldo Corporation(SRC)。合弁会社は、ホテルや娯楽施設、飲食店、商業施設、会議場などを設け、施設の延べ床面積は全体で40万平方メートルに上る見通し。投資額など詳細は明らかにしていない。

結好控股は日本でのIR事業を新たな収入源にしたいと説明している。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

常陽銀が海外初イベント、香港で食の商談会(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

キャセイ、輸出貨物処理費を2割引き下げ(12/13)

香港航空に操縦士の救済申し出、キャセイ(12/13)

富通保険、来年末までに代理人500人増員(12/13)

続伸、米金利政策を好感=香港株式(12/13)

20年の住宅供給は1.9万戸、賃料下落傾向か(12/13)

住宅価格の下落予測、56%に大幅拡大=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン