• 印刷する

金融の結好、静岡でのリゾート開発を発表

金融サービス事業など手掛ける香港上場の結好控股(ゲットナイス・ホールディングス)は16日、日本の企業と合弁会社の設立に向けた覚書を交わしたと発表した。事業免許を取得した上で、静岡県牧之原市で統合型リゾート(IR)の開発に乗り出す。海外事業の多角化に向けた取り組みの一環。

合弁先はShotoku Rinaldo Corporation(SRC)。合弁会社は、ホテルや娯楽施設、飲食店、商業施設、会議場などを設け、施設の延べ床面積は全体で40万平方メートルに上る見通し。投資額など詳細は明らかにしていない。

結好控股は日本でのIR事業を新たな収入源にしたいと説明している。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

6月外国投資、18年度最高に 年度累計で目標の5割突破(07/22)

6月の旅行者数、伸び鈍化 観光局、デモ影響は今後顕在化か(07/22)

香港のレッソ、ヤンゴンで商業複合開発(07/22)

香港で再び大規模デモ、一部が中国出先機関に(07/22)

香港警察が爆薬押収、独立派ら3人逮捕(07/22)

香港の安定呼び掛け、中国共産党機関紙(07/22)

維達会長、TVBでのCM継続「影響ない」(07/22)

貿易業の失業率が悪化、デモの影響も徐々に(07/22)

沙中線の一部が来年開通へ、MTRC(07/22)

キャセイ、香港エクスの買収を完了(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン