• 印刷する

Bグリム、ラオスの水力発電所に追加投資

ドイツ系財閥Bグリム傘下のタイの発電会社Bグリム・パワーは15日、ラオス北中部サイソムブーン県のナムチェー1水力発電所を開発するナムチェー・ハイドロ・パワーに追加出資すると発表した。14日の取締役会で決定した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、ナムチェー・ハイドロ・パワーは、開発資金と運転資金を調達するため増資を実施し、資本金を1,000万米ドル(約10億9,000万円)から1,346万米ドルに引き上げる。Bグリム・パワーの全額出資子会社Bグリム・パワー(ラオ)が増資に応じて、346万米ドルを出資する。3月末までに払い込む予定。Bグリム・パワー(ラオ)の現在の同発電所への出資比率は72%。

ナムチェー1水力発電所は、出力が1万5,000キロワット(kW)。今年第2四半期(4~6月)の商業運転開始を計画している。


関連国・地域: タイラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

UOB銀、タイでデジタルバンクを開始(02/19)

テイクオフ:来月24日にタイで予定…(02/18)

電動ボート、首都河川で運航 大気汚染で公共交通の電動化機運(02/18)

タイ中高速鉄道の一部区間、来月契約締結へ(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

18年の投資申請4割増、FDIは米国が17倍(02/18)

18年1~11月の模倣品押収4倍増、密輸急増(02/18)

グロウの東部発電所売却、5社が購入に関心(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン