バンコクで大気汚染が悪化 バイオ燃料利用促進、工場検査も

タイの首都バンコクで煙害(ヘイズ)が悪化している。自動車の排気ガスや鉄道などの建設により発生する2.5マイクロメートル(ミクロン)以下の微小粒子状物質(PM2.5)が主な理由で、乾期で大気が滞留する中、天候によってはこの状態が3月上旬まで続くとの見方も出ている。プラ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品化学その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「何と大胆な」と驚いた…(02/21)

エアアジア、ラオス便を強化(02/21)

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

ドンキがタイ1号店オープン 域内2カ国目、他店の半額以下も(02/21)

ダイムラー、ふそうの電気トラックを投入へ(02/21)

JBIC、車部品の江崎工業タイ法人に融資(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

ライモンと東京建物、トンローで高級住宅(02/21)

タンチョン、日産新型SUV「テラ」を発売(02/21)

電源デルタ、自動車用好調で18年は4%増益(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン