• 印刷する

テイクオフ:サムスン電子の2017…

サムスン電子の2017年営業利益は、5兆4,000億円。ソニーやパナソニックを大きく上回り、自動車メーカー7社を合計しても1兆円ほど足りないくらいだ。韓国では、あらゆる分野でこのような「超1強体制」が見られる。

独移籍情報サイトトランスファーマルクトが発表したアジアの選手の市場価値ランキングによると、トップ10に5人の日本人選手が入った。最高は3位の中島翔哉選手で、1,500万ユーロ。一方、1位は韓国の孫興民選手で、5,000万ユーロとダントツ。3位の中島選手の3倍以上の価値で、トップ10入りの日本人選手の合計(4,250万ユーロ)すらも上回る。

韓国は、1人の強い選手に集中的に投資して世界トップクラスに育て上げるのがうまい。しかし、その選手に次ぐ若い世代の育成に難を抱える傾向が強い。韓国サッカーも、孫選手の次のホープを見出せないでいる。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

現代自がベトナム販売網拡充、地場と新法人(12:18)

テイクオフ:韓国政府が25日、黄海…(01/24)

スマホ輸出が16年ぶり最低 販売不振響く、中国製に苦戦必至(01/24)

SKTの量子暗号通信装置、米国で試験導入(01/24)

ラインタヤの韓国系工場、300人がスト決行(01/24)

サムスン電子、SSD新モデルを発表(01/24)

ドローン産業の大型拠点、竜仁市が造成へ(01/24)

現代モービス、18年受注41.7%増え過去最高(01/24)

現代ウィア、車軸と軸受け一体型製品を開発(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン