• 印刷する

テイクオフ:20年ぶりに入院した。…

20年ぶりに入院した。年末に帰国してすぐの高熱の後に微熱が続き、年が明けても咳が一向にやまず。全身に発疹が出たため医者にかかると、当地で年中はやっているマイコプラズマ肺炎と診断され、即日入院となった。

大げさだな、と軽く見ていたものの、呼吸困難と原因不明の発疹にひどく苦しんだ。食事は日本のような栄養が整ったものではなく、肉料理とコメに野菜と果物が1種類ずつ。院内にはファストフード店が並び、病人向けとは言いがたい。

消灯時間という概念がないのも日本と異なり、隣室からは夜間でもにぎやかな会話が聞こえていた。フィリピンでは患者には常に誰かが付き添うもの、と看護師。それでも、毎日仕事終わりに見舞ってくれた周囲の人々に励まされた。大切な人に感謝の気持ちを持ち、健康的な食事と適度な運動を、と今年の目標に書き加えた。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アラバンに住んでいます…(01/24)

結核検査キットを世界展開へ 栄研、フィリピン足掛かりに(01/24)

ANA、フィリピン航空との提携強化検討か(01/24)

クラーク空港運営、JGなどの連合が契約(01/24)

国産ハイブリッド鉄道車両、3月から試験(01/24)

自治地域樹立で成長に弾み、NEDA見解(01/24)

18年3QのGDP成長率、6.0%に下方修正(01/24)

比人へ短期就労ビザ発給停止、米国が1年間(01/24)

中銀総裁、舌がん治療の休暇を延長(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン