• 印刷する

銀行業界2万人、10~12%の昇給

マレーシア商業銀行協会(MCBA)によると、マレーシア銀行業界20行では、事務職、非事務職カテゴリーの行員計2万人の賃金が2018年1月1日にさかのぼって、10~12%引き上げられ、これまでの差額分が今月末に支払われる。11日付けエッジ・ファイナンシャル・デーリー、スターが伝えた。

今回の賃上げ決定と差額分支給は、加盟20行が18年1月1日から20年12月30日まで有効の労働協約に署名したことに伴うものだ。

また、MCBAに加入する銀行の従業員は今年4月から、住宅ローンのうち最初の10万リンギ(約264万円)については、利息ゼロ%で借り入れできる。また、既に借り入れているローンに関しても適用されるという。

MCBAには、三菱UFJ銀行の現地法人、MUFGバンク(マレーシア)も加盟している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(15:49)

バイオ燃油B20、運輸業界にコスト上昇懸念(14:05)

送電設備ロハス、バングラで事業2件を受注(13:38)

医薬品卸しファーマ、上場後初の通期赤字(12:20)

テイクオフ:かつてのスリランカ内戦…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

30年に新車生産147万台目標 自動車政策発表、優遇は明記せず(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

ホンダ四輪、現地組立車を最大9%値上げ(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン