• 印刷する

杉本食肉産業、すき焼き店を初のFC展開へ

精肉店やレストラン事業を展開する杉本食肉産業(名古屋市)は11日までに、7月をめどにタイですき焼き・しゃぶしゃぶレストランのフランチャイズ(FC)展開に乗り出す計画を明らかにした。同社初のFC事業で、同業態の海外展開は今回が初となる。

同社の担当者によると、富裕層をターゲットに日本で展開するレストラン「すき焼き・しゃぶしゃぶスギモト本店」を首都バンコクで展開する。FC契約先や開業場所については今後計画を詰める予定。取引先からの誘いを受け、タイに進出することを決めたといい、富裕層の間で高級和牛レストランが人気のタイで、多店舗化も視野に入れる。

杉本食肉産業は、バンコクで精肉店2店舗を展開しているほか、中国・上海市ではレストラン「スギモト・牛鍋店」を展開している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

世銀が政権発足遅れを懸念 成長予測3.8%、民間投資に影響も(04/26)

レムチャバン港入札、NPCが資格審査落ち(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

タイ・ラオス鉄道、一帯一路会議で協力覚書(04/26)

航空関連13事業、PPP方式で実行へ(04/26)

3月の6空港利用者、1%増の1295万人(04/26)

荷揚げ機キトー、子会社設立へ(04/26)

学生靴SCS、事業多角化を推進(04/26)

発電Bグリム、中韓企業と協業推進(04/26)

発電公団、原子力技研と核融合装置を開発(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン