• 印刷する

杉本食肉産業、すき焼き店を初のFC展開へ

精肉店やレストラン事業を展開する杉本食肉産業(名古屋市)は11日までに、7月をめどにタイですき焼き・しゃぶしゃぶレストランのフランチャイズ(FC)展開に乗り出す計画を明らかにした。同社初のFC事業で、同業態の海外展開は今回が初となる。

同社の担当者によると、富裕層をターゲットに日本で展開するレストラン「すき焼き・しゃぶしゃぶスギモト本店」を首都バンコクで展開する。FC契約先や開業場所については今後計画を詰める予定。取引先からの誘いを受け、タイに進出することを決めたといい、富裕層の間で高級和牛レストランが人気のタイで、多店舗化も視野に入れる。

杉本食肉産業は、バンコクで精肉店2店舗を展開しているほか、中国・上海市ではレストラン「スギモト・牛鍋店」を展開している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア出身の世…(01/24)

18年車生産、2百万台達成 歴代3位、19年も国内けん引見込(01/24)

18年の輸出台数0.1%増、3年ぶりプラス(01/24)

総選挙は3月24日、勅令受け選管が発表(01/24)

18年の対タイ貿易額、36%増の84億ドル(01/24)

タクシン派の首相候補未定、親軍派は現首相(01/24)

WHA、中国EC京東と物流事業の合弁会社(01/24)

発電GPSC、エネルギー回収事業を取得(01/24)

外食ゼン、5年以内に年商345億円へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン