• 印刷する

19年GDP成長率、6.9%見込む=VEPR

ハノイ国家大学のベトナム経済・政策研究センター(VEPR)は、2019年の国内総生産(GDP)成長率について、国会が目標に設定した6.6~6.8%を上回る6.9%に達する可能性があるとの見通しを示した。米中貿易摩擦が国内経済に前向きな影響を与えるとみているためだ。11日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。

VEPRが9日に発表したマクロ経済報告書で明らかにした。米中貿易摩擦の結果、中国からの生産移管が進む可能性があると説明している。

ただ、米中貿易摩擦の恩恵を受けるためには、ベトナム国家銀行(中央銀行)による適切な為替政策、事業環境の整備、労働力の質向上が必要だとグエン・ドゥック・タイン所長は強調。また、経済成長を支える長期的な要因は、外国直接投資(FDI)や制度的な障壁の除去、国営企業の株式化などだと説明した。


関連国・地域: 中国ベトナム米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「このピンクのミニスカ…(08/16)

主要上場、上期は増益が17社 堅調も2Qは勢いにかげり=決算(08/16)

ホンダ二輪販売、7月は3%減の21万台(08/16)

コールドチェーンのABA、600万ドル調達(08/16)

バンブー航空、2Q益は前期比3倍に(08/16)

配車アプリ政令案、表示灯に代え文字表示(08/16)

東元の2Q純益が5年来最高、モーター好調(08/16)

ベトナム航空とデルタ航空、相互提携を締結(08/16)

EVN電源9案件、首相が迅速な手続き指示(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン