租税特赦の追加税収は100億リンギ=歳入庁

マレーシア内国歳入庁(IRB)は9日、昨年11月3日から導入したタックス・アムネスティ(租税特赦)制度で、約100億リンギ(約2,630億円)の追加税収を見込んでいることを明らかにした。同制度の期限は今年6月30日まで。10日付スターが伝えた。 IRBのサビン・サミター最高…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スーパーのレジ袋への本…(10/23)

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

新車販売、9月は回復鮮明 上位10社中7社がプラス(10/23)

国民車プロトン、昨年6月から1635台を輸出(10/23)

マレーシア航空提携候補、最終4社に(10/23)

高速道4本買収を閣議決定、慎重論も(10/23)

MRT1号線、乗客数でアンパン線に並ぶ(10/23)

エアアジア、年末からA321ネオを受領(10/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(8月) 4カ国で前年割れ、ベトナムは過去最高(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン