• 印刷する

法務省、国際仲裁・調停で香港法務庁と覚書

日本の法務省は9日、香港法務庁(律政司)と国際仲裁および国際調停の分野で協力覚書を締結した。両分野に関して双方の交流、協力を強め、関連するサービスの発展を推進する。

双方は国際仲裁および国際調停に関わる法的枠組み、判例、見解などについて情報交換するほか、日本と香港の個人、機関を対象に関連する研修を実施する方針。フォーラムやセミナーの共同実施も協力事項に盛り込んだ。

同日に香港で式典があり、山下貴司法相と鄭若カ(テレサ・チェン、カ=馬へんに華)司法長官が覚書を交換した。山下法相は「香港は国際的な紛争解決で豊富な経験を持つ。日本で仲裁、調停センターが開設される中、香港側の知識、経験を共有することで、日本もハブとして機能するようにしたい」とコメント。中国本土との関係も深い香港との協力が、本土でビジネスをしている日本企業に役立つとの認識も示した。

覚書を交換する山下法相(左)と鄭司法長官=9日、セントラル(NNA撮影)

覚書を交換する山下法相(左)と鄭司法長官=9日、セントラル(NNA撮影)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

粤港澳大湾区計画の綱要発表 大方針示す、イノベ推進へ(02/19)

大湾区計画、中国傾斜に懸念の声(02/19)

カジノ運営ナガコープ、18年は純利益53%増(02/19)

昨年4Q成長率は1.5%以下、財政長官(02/19)

定年の引き上げ必要、安老委トップ(02/19)

香港ディズニー4年連続赤字、損失額は減少(02/19)

19年旅行者数1.9%増へ、HKTB予測(02/19)

DBS、香港の18年純益37%増で過去最高(02/19)

反発、大湾区関連銘柄に買い集中=香港株式(02/19)

シティが法人融資の審査にAI、まず香港で(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン