• 印刷する

フランジア、無料の日本語学習アプリ開始

ベトナム・ハノイに拠点を置く日系ITベンチャーのフランジアは7日、人工知能(AI)による日本語会話練習アプリ「Talky Bird」のサービスを開始した。無料で利用できる。

Talky Birdは、日本語能力試験「N4」以上のユーザーを対象とした学習アプリで、「日常的なコミュニケーション」と「職場でのコミュニケーション」の2つのカテゴリーを設けている。最大の特徴は音声認識技術を使用し、ユーザーの声を評価する点。ユーザーが発音した後にイントネーションや会話内容を分析、評価する。

現在、アプリは「iOS」のみダウンロード可能だが、順次「アンドロイド」でのサービスも開始する。開発チームは今後、高レベルの会話練習や初心者向けの語彙(ごい)発声練習などを追加していく予定。同アプリは、AI研究者や日本語教師、日本への留学経験があるベトナム人などによって開発されたという。

フランジアはAIによる日本語会話練習アプリ「Talky Bird」の提供を開始。音声認識技術でユーザーの声を評価する(同社提供)

フランジアはAIによる日本語会話練習アプリ「Talky Bird」の提供を開始。音声認識技術でユーザーの声を評価する(同社提供)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三菱自、19年販売は倍増狙う 人材と設備の強化で好調堅持(01/21)

JAいわて中央、HCM市でリンゴの販促(01/21)

マイリンとリエンベト銀、電子財布で決済(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

デジワールド18年は増収増益、売上は1.5倍(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ICT産業の売上高、18年は990億ドル(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

製薬業界、薬価抑制などで19年の見通し低調(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン