• 印刷する

空港の旅客取扱能力、3千万人を目標

カンボジア航空当局は、2030年までに年間3,000万人(延べ人数、以下同)の旅客需要に対応する能力を備えることを目標に掲げた。今後は既存空港の修復や拡張を継続し、新たな空港建設も目指す。高棉日報(電子版)が伝えた。

当局関係者は「カンボジアと米国や欧州を結ぶ路線を受け入れるため、シエムレアプでの新国際空港やプノンペンでの補助的な空港の建設、シアヌークビル国際空港の拡張が必要だ」と述べた。

現在プノンペンとシエムレアプの国際空港の旅客処理能力はそれぞれ年500万人。だが、利用客が毎年16%のペースで増加を続ければ、いずれも能力が限界に達する。2018年には、主要3国際空港の旅客数が通年で初めて1,000万人を超えた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】中国、救世主か侵略者か ゆがむ成長(4)揺れる主権(06/24)

海洋ごみ減で連携、宣言採択 ASEAN首脳、「3R」推進も(06/24)

シアヌークビルSEZ、上場を計画(06/24)

シアヌークビル特区から米へ迂回輸出か(06/24)

ガルーダ航空系、プノンペン線就航(06/24)

コメ貯蔵庫の建設、中国企業が支援(06/24)

韓国企業80社、建材商談会で売り込み(06/24)

首相の長男「米口座に1億ドル預金」を否定(06/24)

ビル倒壊で死者17人に、カンボジア南部(06/24)

ロッテのビール、カンボジアに旗艦店(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン